2007年 04月 11日
P903iTVで動画を楽しむ
b0040759_194429.jpg2月に発売されたDoCoMoの携帯P903iTV

以下の手順で動画を見ることが出来た。
携帯動画変換君の「3GPPファイル, 音声AAC形式一般設定」や「3GPPファイル, 音声AAC形式一般設定 動画XviDエンコード」で変換する。
ファイル名をMOL***.3gpにする。(***は3桁の16進数。001~FFF)
microSDカードの、SD_VIDEO¥PRL001フォルダに入れる。
「iモーション」>「microSD」>「ムービー」>「PRL001」の順に進むと、動画を見ることが出来る。
また、ファイル名をMMF****.3gp(****は4桁の数字。0001~9999)にして、
microSDカードの、PRIVATE¥DOCOMO¥MMFILE¥MUD001フォルダに入れ、
「iモーション」>「microSD」>「その他コンテンツ」>「MUD001」の順に進んでも、動画を見ることが出来る。
後者のフォルダはSD-VIDEO規格外の動画用フォルダだが、今の所、前者で再生不可で後者で可能と言う物が私の方では不明なので、前者を利用している。
後者(MUD001フォルダに入れる方)は、一覧表示で「名前+画像」表示をすることが出来ない。

また、P903iTVはワンセグ受信可能で予約録画にも対応しているので、可能ならばそちらを利用した方が楽だが、夜中にPCで録画したものを自動変換してmicroSDカードに入れておき、次の日にそのカードを入れて視聴したい場合は、AFTAPの携帯用を利用している。
AFTAPの基本的な使い方は、ここ




b0040759_195188.jpg
開いた時に完全に180度になるので、少し手前に角度の付く携帯を使っていた人は、慣れるまで画面が向こうに反っているような違和感を感じると思う。
(自分がそうだったが、使っているうちに慣れた。)


b0040759_19574.jpg卓上ホルダは結構ゴツく、横幅が8cmある。

b0040759_110615.jpgb0040759_1101425.jpg
2段階の角度をつけることが可能。


b0040759_1102116.jpgb0040759_1102723.jpg
卓上ホルダにのせたまま、ワンセグを視聴することが可能。
ただし右のように横置きの場合は、ホルダ経由で充電することは出来ない。


b0040759_110359.jpgホルダの裏側。
ここにACアダプタを繋げる。



追記
P903iTVはBluetoothに対応しているので、ワイヤレスで音声を聞くことが出来る。

i-PHONO BT420 EXでは、ワンセグの音声出力が出来ない他、音量の調整も出来なかった。
(Bluetoothに音声を出力すると、本体側で音量調整が出来なくなるので、ヘッドホン側が音量調整に対応している必要がある。)

DR-BT50では、ワンセグの音声出力も可能で、音量の調整も可能。

ワイヤレスは非常に快適だが、なぜかiモーションのムービーで、しおり登録機能が使えなくなる。
↑ネット上で調べた所、通常のしおり登録は使えないが、復旧しおりを使うことが出来る事がわかった。
操作方法:
・しおりを登録したい所で一時停止
・マルチボタンを長押し
これで復旧しおりに登録されるようです。
[PR]
by olbaid | 2007-04-11 01:59 | PC、AV関連
<< Wii インターネットチャンネ... Happyプッチンプリン >>


mitei